イッテQ8/6 出川哲朗はじめてのおつかい inカナダ

 

文法なんていらないだもん。それが出川イングルルッシュ!

英語が得意とは言えない出川さんが、持ち前の圧倒的コミュ力と、出川イングリッシュで様々なミッションをクリアしていく企画、出川哲朗はじめてのおつかい inカナダ。いよいよ今日ですね!

放送されるたびに数々の名言(出川イングルルッシュ)が生まれ、ツイッターのトレンド入りを果たす出川さん(笑)その勢いは数日経ってもなお、トレンド入りし続けた事もあったとか^^

放送が終わると、「自分の英語力でもいけそうな気がしてきた」と勇気をくれる出川さん。今回もたくさんの笑いと勇気をもらえそう。

イッテQ8/6 出川哲朗 バンクーバーの感想

トレンド1位になってましたね。ホントすごっ。

クイズを出題されて、それを街の人に聞いて答えを見つけるっていうシーンがあったんですよ!その時に河北麻友子さんが英語で丁寧に「質問いいですか?」って聞くと、断られることが結構あるのに、出川さんの場合だとあっさり答えを聞き出しちゃうのがめちゃ印象的でした。

コミュ力って言っちゃえばそれまでなんだけど、ツイッターで結構多かったのが、必死に伝えようとする姿勢が相手に「なんとかしてあげたい」って思わせるんだろうねってあったんです。うんうん^^

あと、私が思ったのは、相手をひきつける言葉の選び方がうまい! 例えば、最後のミッションが植物園(だっけ?)に行って、そこの迷路をクリアする事だったんだけど、迷路を「ノードアハウス」っていう言葉のチョイスがすごって思いました^^

そんなこと聞かれたら、「え?ノードアハウス?何のことだろう?」って考えちゃうし、そこにあの必死さとフレンドリーさが加わるんだから、相手もついつい親身になってくれるんじゃないかな~と^^ なんか真面目な感想になってしまった!

いやでも、本当に感心してしまう事の方が多い放送でした。歳のせいかな?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL